映像・Web・デザイン・音楽の制作会社


navi
TOPページ
サービス
制作実績
特集
会社概要
お問い合わせ
特集TOPへ戻る 特集TOPへ戻る
Kim BIANCA
シンガーソングライター
/ダンサー
幼い頃からモダンバレエを習いダンサーを目指す。
1999年、Janet Jackson「Velvet Rope Japan Tour」」After Partyに出演。ダンサーとしての仕事を開始する。
2000年、歌手としての活動を始めながら、ダンス講師として数々のタレントのコリオグラフを担当。
2003年、渡米。帰国後、コンポーザーSwing-oとバンド「izanami」を結成。日本全国のライブハウスにて活動し、数々のワンマンライブを成功させる。
2004年、リリースした2枚のアルバムはインディーズバンドとしては異例のセールスを記録し、JVC Jazz Festivalに出演。アルディメオラ、マーカスミラーらと共演。
2005年8月、池上本門寺にてUAらと共演。12月、izanamiとしての活動を休止。
2006年、「KIM」から「キムビアンカ」とアーティスト名を改め、制作/パフォーマンス活動を続けている。
2007年9月5日、1stシングル「You Mean the World」でデビュー。ファッションブランド「Crystal Ball by ガルシアマルケス」のコラボレーション、そして同楽曲リミキサーにはクリエイター/シンガーMONDAY満ちるを迎え、破格のデビューを遂げ、新生女性クリエイターとして、注目を浴びている。

ホームページ:GPR inc. / JMS / myspace
今回は元ダンサーでもあり、現在はソロで Kim BIANCA として歌う、新たな囀る「鳥」として取材させて頂きました。
 
■=アートマークプロジェクト ■=Kim BIANCAさん
─お名前、年齢、血液型を教えてください。
Kim BIANCA(キム ビアンカ)です。B型です。
─出身は?
神奈川県の横浜市で、今も横浜に住んでいます。
─職業の種類と勤続年数を教えてください。
シンガーです。音楽を始めてから、もう8年くらいですね。
─なぜその道を選んだのですか?そのきっかけも教えてください。
私が元々ダンサーとして仕事をしていた時に、日本に居る外国人のダンサー達と仕事をする機会があって、その時に「面白い声してるからやってみる?」と言われて軽い気持ちで歌い始めたのがきっかけですね。
─今取り組んでいることは何ですか?
今は常にオリジナルの制作をやっています。あとは書く事と発想力を出していく事というのを毎日やっています。
─書く事とは歌詞を作ることですか?
そうですね。歌詞の他にエッセイも書きます。どんなに出てこなくても、とにかく書く作業をする事を大切にしています。
─良い発想が思いつく瞬間はどんな時ですか?
机に座って紙やパソコンに向かっていてもなかなか出てこないもので、色々と思いつく瞬間は、家の周りを散歩している時や、海に行って浜辺を歩いている時だったりしますね。
私は元々海の近くで育ったので、今でもよく湘南の海に行って音楽聴きながら歩いたり周りの人を観察したりします。そういう時にポンッと出た鼻歌が今の曲(新曲『 YOU Mean TheWorld 』)になっていたりするんですよね。
─ライバルは居ますか?
カッコいい事言うつもりはないですけど、今は自分の中で戦っている状態です。
─自分の作品の中で思い入れのある作品は?
やはりKim BIANCA(キム ビアンカ)という名前でソロになって初めての『 You Mean The World 』という曲ですね。自分で曲を紡いで、それを色んな人とセッションしながらトラックを作って、レコーディングしてマスタリングして、プロモーションビデオ撮って、やっと出来たという実感がある曲ですね。この曲が完成するまでにアレンジにアレンジを加え、1年以上温めていたので、自分の中でものすごい大きなものになっています。
─今日本の社会で一番気になっていることはなんですか?
私はよくニュースを見ていますが、やっぱり夢がないかなって思います。家庭の中でもそうですけど、親が夢を抱いていないと子供にも説得力がないと思うし。私は、一人一人の人間が発しているバイブスがサークルになって社会全体が動いていると思うんです。子供が果てしない夢を描けるような国になればいいなぁと思います。
─人間の幸福とはどのようなものですか?
難しいですよね。人それぞれの価値観があるものですから。やっぱり、私は生きている、僕は生きていると実感できる瞬間を持てることが幸せだと思います。
─好きな映画は何ですか?
最近観てすごく感動しちゃったのが『かもめ食堂』です。私のイメージからは想像つかないかもしれないですけど(笑)泣きました。素晴らしい映画ですね。
─初恋はいつですか?
小学校の高学年の頃ですかね。バレンタインに手作りのチョコレートやクッキーを渡しました。
─ 一目惚れはしますか?
しますね。私は女性でも男性でもよく一目惚れしてしまうんです。人としてキラッとしているところを見つけると「あぁ!」っとなってしまって(笑)
─今までに結婚を考えた事はありますか?
あります。結構付き合うとすぐ考えます。そして、考えたものを一回無しにしてから恋愛を始めます。
─無しにしてからとは?
極端なので好きだと思うとポーンと行ってしまうんですね、自分の中の針が結婚まで。なので「ああ、ここまで(気持ちが)あるんだな」と自分の中で確認してから、それを一回無しにしてから恋愛を始めるんです。結婚は自分だけでする事ではないですからね。
─では、あなたが怖いものはなんですか?
人間が一番怖いですよね。人を傷つけるのも、愛するのも、元気づけるのも、貶めるのも全て人間ですからね。
─「飛ばない鳥と飛べない鳥」というテーマについて意見を聞かせてください。
私はずっと飛びたい鳥だったんですよ。けど、何をすれば自分が思いのままに生きられるか、わからなかったんですよ。そういう意味では飛べない鳥ではなかった。
やっぱり大事なのは自分を信じる勇気ですよね。何でもいいから自分の好きな事を一つ見つけ、それによって自分を豊かにしていって、自信をつけていく作業をしていく事が必要なんじゃないかなと思います。それが出来てる人は羽ばたけると思うし、自分が居る環境が見えてくると思います。
その作業を続けるうちに、気づいたら「自分飛んでる?」って思える瞬間が訪れるんじゃないかな。
─これから漠然と何かをしたいと思っている人に一言お願いします。
とにかく自分らしさを見つけて欲しいですね。自分にしか無い素敵なところを見つける事。あとは負けん気ですね。「これが出来なかった、悔しい、でも次はやってやるぞ」という負けん気。これを持って欲しいと思います。
─今日はどうもありがとうございました。
ありがとうございました。
編集後記
取材をしていて、なぜか身内の姉かのような、そんな優しいオーラで語り続ける、姉御肌気質なあつい女性シンガー。勇ましい女性な側面と、か弱い純粋な女の子な側面が見え隠れし、どんどん Kim BIANCA ワールドへと引き込まれていきました。
これからももっと多くの人を魅了していってほしいと思います。
アートマークプロジェクト 磯村 直彦
近藤 直子
アーティスト
金田 由貴子
プロスノーボーダー
影山 伊作
和太鼓奏者
小林 ひろゆき
八王子市議会議員
Kim BIANCA
シンガーソングライター
Frances Maya
アーティスト
矢澤 幸三郎
イベントプロデューサー
 
 
 
Copyright (C) ArtMark PROJECT All Rights Reserved.